ロリポップの弱点

ロリポップはサーバーを快適に利用できる様、多くのマニュアルや案内、そしてシステムが用意されているのに、全くもって触れられていない事があります。

それはバックアップする方法です。

サーバーにあるファイルやフォルダが無くなってしまったり、改ざんされてしまう危機に備えるにはバックアップは必須でしょう。それなのにロリポップは全く、ノータッチです。

バックアップはロリポップの最大の弱点でもあります。
以下にロリポップ同様、廉価なレンタルサーバーであるが、標準でバックアップ機能があるサービスを記します。

どうしてもバックアップが必要だと考える方は、下記のレンタルサーバーを検討してみてはどうでしょうか?

 

※ このページを作成した後に、ロリポップにバックアップ機能が追加されました。

詳細はこのページ後半に追記致します。

 

サーバー内にバックアップを取る事ができるレンタルサーバー 紹介

ページへ ドメインキング

ディスク容量 60GB
データーベース数 5つ
年間料金 10080円

※ 只今キャンペーン中、初年度 100円

ページへ 詳細は正規サイト参照


ページへ レンタルサーバー 無限

ディスク容量 無制限
データーベース数 無制限
年間料金 5760円

※ 管理画面から簡単バックアップ

ページへ 詳細は正規サイト参照


 

ロリポップにバックアップ機能が追加

このページを作成した後に、ロリポップに任意でバックアップを取ることができるオプションが追加されました。

ロリポップの弱点と指摘して私は指摘して来ましたが、
これでロリポップは弱点を克服した事になるでしょう。

ロリポップのバックアップ機能の一番の特徴は、バックアップ専用サーバーにバックアップされる点にあります。

レンタルサーバーの領域内にバックアップを取るのではありません。

例えば、100GBの領域を使用できるレンタルサーバーがあったとします。多くはその領域内にバックアップを自分で任意にとっておけるという仕組みです。

ロリポップの場合、レンタルしているサーバーとは別のサーバーにバックアップを取るので、より安全性が高いと言えます。

例えば、使用している領域内にバックアップしている場合は、ハッキングされてサイトが改ざんされてしまうと、ハッカーにバックアップデータを消されてしまう可能性があります。



ロリポップは大量改ざん事件の経験を活かして、有効性の高いバックアップサービスの提供を開始したのでしょう。

しかし、オプションなのでこのバックアップ機能を使うのには、別途料金 月300円かかります。バックアップ専用サーバーを設けるのですから、割高な値段というわけでもないでしょうが ・・・

しかし、このバックアップオプションをチカッパプランで利用した場合、合計 月800円、つまり、年間9600円(税別)かかることになります。そうなるとロリポップは格安レンタルサーバーとは言えないと感じる人もいるでしょう。

格安感が薄れることにはなりましたが、ロリポップは弱点を克服したと言えると私は評価します。

※ バックアップオプションの詳細は、ロリポップ!のユーザー専用ページ へ